アイケアサプリを選ぶ4つのポイント

ルテインの含有量をチェック

eye-419646_960_720

まずアイケアサプリを選ぶ際に最も重視すべきポイントは有効成分であるルテインの含有量と言うことが出来ます。ルテインの1日の摂取目安は6mgから10mgとなっています。

この数値は海外で行ったルテイン研究の結果によりこの量を摂取することで目の機能の改善、眼病の予防と症状の緩和といった効果が期待できるという結果が報告されています。

要するに最低でもルテインを毎日6mg以上、可能なら10mg以上配合されているサプリメントを選ぶ必要があります。6mg以下の含有量の場合はサプリを摂取しても効果を得ることは難しいと言えます。

No1アイケアサプリのめなりの口コミはこちら

ゼアキサンチン、アントシアニンが配合されているか

eyebrow-1792296_960_720

アイケアの為にはルテインは欠かすことが出来ません。ですがルテインだけではなく一緒に配合されている成分も重要です。その理由はルテインは脂溶性なので水に溶けにくい性質があり体内での吸収率は低いということが出来ます。

サプリメントでアイケアに有効な成分を摂取してもそれが体内に吸収されないと残念ながら効果を実感することはできません。だからルテインを吸収させる為の成分を一緒に摂取する必要があります。

ルテインと相性がいい成分で一緒に摂取することで相乗効果により体内での吸収率が高まる成分がゼアキサンチン、アントシアニンです。この成分はビルベリーエキスに含まれているポリフェノールの一種で、ゼアキサンチンはルテインと共に存在する同じカロテノイドなので単独で摂取するのと比較しゼアキサンチンと共に摂取した方が吸収率はアップします。

アントシアニンとはブルーベリー、ビルベリーに多く含まれる青紫色の天然色素で昔から目の健康にいいと知られています。

アントシアニンだけでもブルーベリーサプリに使用されているのですがルテインと共に摂取した方がアントシアニンの効果にプラスしてルテインを目の奥に運搬する働きがあるのでより効果的と言えます。だからルテインの他にもアントシアニン、ビルベリーエキスが配合されているサプリを選ぶようにしましょう。

コスパがいいサプリを選ぶ

eye-2005639_960_720

アイケアサプリは基本的に毎日摂取し、継続的に飲み続ける必要があるので費コストがかかります。経済的に負担の少ない商品を選ぶようにして下さい。その際に重要な点はコストパフォーマンスがいいサプリを選ぶことです。

アイケアサプリの中で一番安いモノを選べばいいと言う訳ではなく、例え安くても効果がない様なら飲み続けても意味がありません。だから効果が実感できると評価が高いサプリメントの中で出来るだけ安価な商品を選ぶ必要があるのです。

安全性の高いサプリを選ぶ

毎日摂取するモノだからこそ安全性の高い商品を選ぶことが大切です。その為の意識して欲しいポイントはトクホ、栄養機能食品を選ぶこと、配合成分やその含有量、さらには問い合わせ先が明記されているかどうかを確認する。

公式サイトに製造方法が書かれているかやGMP基準準拠かなどもチェックして下さい。

あとは個人輸入、海外製品は選ばない方がいいと言えます。その他にも科学的な根拠の有無も押さえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です