青春ニキビと大人ニキビの違い

思春期頃に出来たニキビ、青春のシンボルなんて呼ばれてました。若い頃にできたニキビは皮脂腺の過剰なTゾーン中心にできるものです。その時のケアは油分の少ない洗顔料や基礎ケアを使用して過剰な皮脂を抑制してあげる事がポイントでした。
また、ニキビ跡が残らないように潰すなどしないようにと医師からも言われます。特にこの時期は食欲も旺盛でジャンクフードやスナック菓子などを好んで食べる事もあります。そんな理由から生じるようです。
一方で大人ニキビとはその名の通り30才、40才と中年と呼ばれる年代でもできてしまうニキビです。
特徴として顎などの毛穴の小さい部分に繰り返しできやすく治っては消えてという厄介な存在です。原因としてはストレスやホルモンバランスの乱れが主で生活習慣を改善する事でできにくい状態となります。
最近は大人ニキビに対する研究が盛んに成されていて若い時できるニキビと大人になってからのニキビのメカニズムの違いやケア方法の違いを区別した基礎ケアを推奨しています。

特に肌はストレスを感じやすい部分ですから自分に合ったニキビケアを見つけたいものです。無添加やオーガニックケアなど肌弱者と呼ばれる敏感肌の人から支持されるケアもあります。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です